北のねこ暮らし

姉妹猫ななかまどとの暮らし。

猫にまみれてきました。【猫まみれ展MAX】

猫まみれ展MAX

雪の降る中、行ってきました、「猫まみれ展MAX」。

狙ったわけでは決してないのですが、開催初日、開館と同時刻に入りました。

開館前からの長蛇の列に、北海道も猫好きが多いことが見て取れます(笑)

さまざまなアーティストさんによる猫の絵画や版画、彫刻などをまるっと一気に堪能し、文字通り「猫まみれ」でしたー。

もちろん、お楽しみの猫グッズもゲットし、ほくほくでございます。

猫まみれ展MAX ~北海道立近代美術館~ 

 

「猫まみれ展」について詳しくはこちらの記事をご参照くださいませ^^

 

nanakama.hatenablog.com

 

ななかまど、パネル展示していただきました 

冒頭で初日に訪れたのは「狙ったわけではない」と申しましたが、

開催時刻は開館と同時を狙ってチケットを手配しました(時間指定しないと買えなかったので)。

そして、愛猫の写真をパネル展示していただけるとのことなので、もちろんお気に入りの写真を持参しました。

しかも、パネルはほぼ一番乗り。

どんだけ必死なんだよwwwって思われそうですが。

猫まみれ展MAX

さて、どこにいるでしょうか。

 

 

 

答えは・・・

パネルの上のほうでした(●´ω`●)

猫まみれ展MAX

マジックを渡され、「名前書いてください♡」って言われました

 

はい、ブログで何度もご披露しているお気に入りの写真です。

スマホで見る色と、実際にプリント(セブンのネップリ利用)では色味が違いましたが…。

しかし、北海道のみなさんとこうやって写真が並ぶって嬉しいですね~

お隣のもこもこさんみんな整列してごはん食べてる♡

 

4月まで開催しているので、パネルがびっしりになるといいですね^^

 

ちなみに、本日の猫まみれ展MAX公式インスタグラムを見ると、パネル写真増えてました。

 

 

写真を持っていくと、こんなお土産をいただきましたよ。

猫まみれ展MAX

にゃーんと、「肉球マドレーヌ」(笑)

流行ってる?

肉球部分は、チョコレートで後から絞ったようですね。

1個ポロンと取れちゃった(^^;

 

ふんわり、バターの香りが広がるおいしいマドレーヌでした☆

 

しかし、美術に疎いワタクシでも、ことテーマが「猫」となると、話は違います。

どの作品もそれぞれに個性があり、じっくり時間をかけて楽しむことができました。

公式パンフレットにもあるように、作品は約350点!

江戸時代の浮世絵師・歌川国芳から、19世紀末パリの画家・スタンラン、日本近代絵画史に名を残す竹久夢二レオナール・フジタ藤田嗣治)、岸田劉生から現在活躍する横尾忠則、薮内佐斗司、山本容子まで、個性豊かな猫愛あふれる作品をたっぷりとご紹介します 

 引用:猫まみれ展MAXパンフレットより

 

猫グッズ①歌川国芳「猫飼好五十三疋」の限定手ぬぐい

中でも、やっぱり見ていて楽しいなあ、と思ったのは猫の浮世絵でした。

猫が擬人化されてて、お風呂に入ったりする絵とか、漫画みたいでおもしろい・・・

(と素人感まるだし。浮世絵にお詳しい方には申し訳ありません)

しかも、国芳さんだけじゃないんですね、歌川一門の名前がたくさんあって、わくわくしました。

 

そして、会場限定の国芳てぬぐい。

ゲットしましたよー。

 

会場グッズをご披露。

猫まみれ展MAX

お決まりのわらわら・・・

雑に扱ってるみたいですいません(^^;

 

ちょっとカッコつけて、パンフレットと一緒に撮ったのがこちら。

猫まみれ展MAX

 

この手ぬぐいは、「猫飼好五十三疋」(みょうかいこうごじゅうさんびき)という1847年頃の歌川国芳の作品がモチーフになっています。

この「猫飼好五十三疋」っていうのがこれまたおもしろいのですよね。

 

これって、実は「東海道五十三次」に登場する宿場を、猫に絡めてダジャレにした戯画なんだそうです。

例えば、

  • 日本橋➡二本だし(かつおぶし2本と猫)
  • 品川➡白かを(白猫の顔)
  • 川崎➡かばやき(おかもちに入った蒲焼を狙う猫)

みたいな。

 

私のように知らなかったー!もっと知りたい。って方は、こちらのリンクが大変参考になります。

www.konekono-heya.com

 

猫グッズ②国芳北斎の猫マステ

↑の写真でななかまどとわちゃわちゃした写真にちまっと写っているのがそれです。

マスキングテープは今やグッズの王道ですね。

リサラーソン展のときもたっくさんありました。

「こんなにマステ買ってどーすんの」

って問題ですが、実は私マステ意外と使うんですよ。

ちょっとした贈り物に貼ったり、メルカリなんかで売れたもの送るときにも、ちょっとこういうのを貼るだけで気持ちが違う気がします。

なので、普段はこういう雑貨類は買わない分、こういうところで購入するのが楽しみなんです。

 

猫グッズ③猫ガチャ

猫まみれ展MAX

ガチャガチャも鉄板ですね(笑)

みなさんのブログで登場するような、みたことのあるにゃんこがいっぱーい(≧▽≦)

 

で、やっぱり国芳さんガチャでしょ。(国芳さんも、まさか後世でガチャグッズになるなんて予想もしなかったでしょうねwww)

 

国芳さんの猫は全部で5種あるようです。中には「猫又」もいます。

夫が

「猫又でるな!猫又でるな!」

って祈りながら回したら、見事に猫又www

どんだけ引きがいいんだか。私はむしろこれが欲しかったよ。

猫まみれ展MAX

「踊る猫又」と「鼠よけの猫」むふふふ。

 

おばちゃん(id:kotetumamatomo)さんのコレクションにもいらっしゃいますかね?

猫グッズコレクターのおばちゃんのブログはこちらです^^

「写真で一言」のセンスが好き♡

www.kotetumamatomo.work

 

おわりに

猫グッズの購入は以上です。

意外と思ったよりも財布の紐が緩みませんでした(笑)

グッズは素敵な作品がたくさん並んでいたのですが、以前芸術の森で開催されたリサラーソン展のときに比べると品数が少なかった印象です。

陶器類とかがあればまた違ったのでしょうね。

 

ガチャガチャはまたどこかで出会えたら回したい(*´艸`*)

 

グッズ売り場やパネル展示(ウチ猫の写真が貼られた)は、入場券なしでも行くことはできるはずなので、4月までに機会あればまた行ってみようと思います^^

 

【おまけ・肉球サービス】

ウチのにゃんずからも、肉球マドレーヌに負けないサービスをいただきました。

まずはななさん。

肉球サービス

 

次は・・・

なにやら、夫が撮影会をしていました。

スケキヨ?

猫 撮影

 

そして、夫から送られてきた写真がコレ。

肉球

近すぎてブレブレだ!笑笑

 

本日はこんなところで。

いつも読んでいただき、ありがとうございます!