北のねこ暮らし

姉妹猫ななかまどとの暮らし。

高齢者に拡大中のキャッシュレス決済。仕組みをもっと分かりやすく

こんにちは。キャッシュレス決済の仕組みを研究するのが趣味のたまごです。

今回はかなり普及してきたキャッシュレス決済と高齢化社会について思うことを書いてみました。

30年後、世界の人口の6人に1人が高齢者に

f:id:nanakama:20190515120049j:plain

ある朝、頭がぼーっとしながらいつもの番組をつけると、

「30年後、世界の人口に65歳以上の高齢者が占める割合は?」

といった内容のクイズがありました。

答えは6人に1人。4択のうち、一番高い数値です。

出生率は下がっていますが、長生きできるようになってきたからですよね。

ふーーーん、年寄りが増えるんだねー、底支えする若者は大変だねー、なんて呑気に思っていましたけれど、30年後って

私がその高齢者だよ( ゚Д゚)

しかもガチの。

だからこそ、人手不足解消対策だとか、消費税アップだとか、いろいろ対策されているわけですよね。キャッシュレス決済や無人店舗導入などもその一環。

時代は令和に突入し、身の回りのあらゆることが変化していっているのを肌で感じます。

私も時代の波に取り残されないように、ついていくのに必死(笑)。

今の若者はテレビよりもネット動画といわれていますが、テレビ東京のこの番組は私のような世代の人間が世の中のことを理解するのにぴったりな番組ではないかと思います。もう少し早起きしなきゃ…

www.tv-tokyo.co.jp

 

複雑なキャッシュレス決済の仕組みに敬遠してしまう人も

f:id:nanakama:20190515120901j:plain

実は、意外にも高齢者にキャッシュレス決済は増えているのですって。

www.nikkei.com

しかしながら、我々アラフィフの両親の世代(恐らく70~80代くらい)は、頑張ってついていける人と、そうでない人、気持ちはあるが体力・気力ともに無理だという人に分かれるように思います。

それは、キャッシュレス決済の種類や方法などが豊富で、仕組みが複雑なものもあるから、ではないでしょうか。

私はキャッシュレスに関してはかなりアンテナを張っているつもりです。少しでも得をしたいからね(笑)

 

nanakama.hatenablog.com

 

しかしながら、正直私も訳が分からないくらい複雑だと思っています。

徐々に浸透してきているとはいえ、QRコード決済などはまだまだ分かりにくい点も多いのが現状。インターネットに慣れ親しんでいないシニア世代には厳しい世の中だなあ、と思うこともしばしばです。

高齢者にも分かりやすく!若い世代の開発者さんにお願いしたい

f:id:nanakama:20190515120202j:plain

きゃっしゅれす?なにそれおいしいの?

人生100年時代といわれる高齢化社会において、高齢者が暮らしやすい仕組み作りはとても重要です。

もちろんテレビ等ではキャッシュレス決済の仕組みについてしょっちゅう解説されています。しかし、キャンペーンやポイント付与の条件などはどんどん更新されるため、常にチェックできる能力が問われるのです。インターネットが身近で、スマホタブレットなどを使いこなせる人のほうが断然有利だといえますよね。

インターネットに慣れていない人でもキャッシュレスの便利さを実感してもらうには、もっと仕組みを分かりやすくしてもらう必要性があるように感じます。

「調べられない人が悪い」

いう風潮もありますが、それは私たち世代からで十分。

ポイントがお得になるキャンペーンなどは自動的にエントリーされるとか、お店側のサポートがあるとか、何かしら高齢者に負担が少ない仕組み作りができて欲しいと思うこの頃です。

有能なエンジニアの皆さん、是非ともそんなシステムを作っていただきたい!丸投げ?

キャッシュレスの仕組みが分かりやすくなれば、暮らしはもっと豊かに

f:id:nanakama:20190515122450j:plain

せっかく高齢者がキャッシュレス決済を利用し始めている今だからこそ、そのサポート体制をしっかりすべきではないでしょうか。

そうなったらいいな、ではなく、私にも何かできるはず。

とはいえ、思いつくことといったらこのようにブログなどで発信することくらいしか今のところありませんが。

今のシニア世代が頑張ってくれたからこそ、現在の私たちの生活があるのだと思っています。便利な仕組みを実感してもらい、暮らしをもっと豊かにして欲しいと願うばかりです。

 

お買い物マラソン♪5と0の付く日はお得ですよー